データを使っても使っても使い切れない!LINE MOBAILEって何?

スポンサーリンク
格安SIM

現在LINEモバイルは廃止しており「LINEMO」に統合されています。

コチラは古いプランの情報です。最新のプランの説明はコチラlineモバイルの新プランについてまとめてみた

どうも!comaです!

今日は自分が実際に使ってるあのトークアプリ「LINE」が運営している格安SIM(MVMO)業者 LINEモバイルについてとりあげたいっす!

サルポイント

  • 最強のデーター節約術「カウントフリー」でデーター通信量0GB
  • 同じLINE MOBILEユーザならデータをプレゼントすることも可能
  • LINEの年齢認証が可能!(MVMOの中で他に可能なのはワイモバイルのみ)
  • トリプル回線持ちである

最強のデーター節約術「カウントフリー」でデーター通信量0GB

LINEモバイルにはカウントフリーなるものが存在します。これが何かというと対象サービスのデータ通信量を消費しないということです。

以下、3つのプランが存在しLINEフリープランではLINEのみが。コミュニケーションフリープランでは LINE、Twitter、Facebook、instagram の4つのSNSがデータフリーになっており、データ容量をYOUTUBEなどで使い切っても通信速度は落ちません!

LINEフリープラン(500円/1GB)

「とにかくスマホを安く運用したい」「子供に持たせる初めてのスマホだ」そんな方にはこちらが最適になるかと思います。なんとそのお値段・・・500円!(月1GB)

いやー、安い。ワンコインですよ。ワンコイン!3大キャリアD社の新料金プランが1GB1980円が高すぎると感じてしまうほどに安いです。

いや、高いっしょ・・・引くわ・・

こちらのプラン特筆すべき点としてはトークアプリLINEの音声通話・友人とのトーク・画像、動画の送受信・タイムラインがデータカウントフリー。つまり0GBで行えます。

こちらのサービスの通信量はカウントされません!

このプランの具体的な運用方法となると専業主婦や小学生未満の子供が対象ですかね。

  • あまり外出することがなく、家にWi-Fiがある。
  • 090などの携帯番号を必要としていない

こういった方におすすめのプランとなるでしょう。料金表は以下になります。

データSIM500円
データSIM(SMS付き)620円
音声通話SIM1200円

※SMSとはショートメッセージサービスのことです。090~から始まる番号をアドレスとし、メールのように使えるサービスの事です。

コミュニケーションフリープラン

「LINE以外のSNSもよく使う人」「中学生、高校生になって初めてのスマホ」そんな方にはこちらのプランをおすすめします。ちなみに僕もこちらのプランです。こちらのプランなんとLINE、Twitter、Facebook、instagramのデーターがカウントフリーなのです!

恐ろしいサービスを生み出したものだぜ・・・

調べによると全国20~60代のスマホを持っている人間のおよそ34.6%がSNSを利用している。そのデーター通信量がカウントフリーなのは嬉しいですね。

容量データSIM音声通話SIM
3GB1100円1690円
5GB1640円2200円
7GB2300円2880円
10GB2640円3220円

サルもこちらのプランの音声通話SIM3GBを利用しています。初めは5GBにしていたのですが、もともとSNSしか見ないスマホ生活だったため3GB以上も余ってしまい先月から3GBにしました。変更するときもスマホのラインアプリだけでできるのでお手軽ですね。

このプランの具体的な運用対象者はサラリーマンや中高生ですかね。

  • 日中は外に出ておりSNSをよく使う
  • 090の番号も使う(音声通話SIMを使う場合)

こういった方におすすめです。

 

MUSIC+プラン

「音楽がなければ死んでしまう」「NO LIFE NO MUSIC」な人におすすめなプランです。こちらのプランは上記のコミュニケーションフリープランにLINE MUSICがついたプランと考えて良いでしょう。ただ公式が発表している金額だけでは運用できないので注意が必要です。

容量データSIM音声通話SIM
3GB1810円2390円
5GB2140円2720円
7GB2700円3280円
10GB2940円3520円

公式が発表しているプランの金額ではこうですが実際にはLINE MUSICの月額750円かかる計算になるので実際の金額は下記のようになります。

容量データSIM音声通話SIM
3GB2560円3140円
5GB2890円3470円
7GB3450円4030円
10GB3690円4270円

LINE MUSICについてはこちらの公式へどうぞ→https://music.line.me/landing

こうやって見るとお世辞にも金額が安いとは言えませんね。。。ですが最新の音楽が常に手に入る環境を2560円~買えるのであれば一考の余地があるかもしれません。ちなみに私はカラオケでどんなに頑張っても70点代くらいの残念音楽センスなのでコミュニケーションフリーにしましたw

←登録はこちらからできます!

 

LINEモバイルユーザならデータをプレゼントできる!

スマホの最大の敵・・・それが「ギガ死」その敵に対抗するための3大キャリアがよくやってる「家族でシェア~」とかあるじゃないですか?LINEモバイルなら別に家族じゃなくてもシェア出来ちゃうんですね!それが、「データプレゼント」という裏技です。

この技を使うには条件が2つあります。

  • 1つ目は両者ともにLINEモバイルユーザーであること
  • 2つ目は両者ともに利用者連携していること

以上2つです。実質1つみたいなものですがねw 「データプレゼント」はLINEモバイルのサービスなので、プレゼントする側もされる側も、LINEモバイルのユーザーでないといけません。

2つ目のLINEモバイルの「利用者連携」のやり方を説明しておきましょう。

  1. LINEモバイルのアカウントを友達追加
  2. 利用者連携から利用コードを確認する
  3. 利用者連携の手続きをする

1、LINEから友達検索でLINEモバイルを追加します

2、利用者連携から利用コードを確認する

マイページに移動しても利用コードが出てこない場合は下までスクロールして契約状況確認→契約情報の下の方に利用コードが記載されています。

3トーク画面に戻りデータプレゼントをタップ→利用コードを入力して一回閉じもう一回開けるとプレゼントしたい相手を選べる

データプレゼントの注意点としては以下です↓

  • 前月からの繰り越し分はプレゼントできない
  • 追加購入したデータはプレゼントできない
  • データプレゼントでもらった分はプレゼントできない
  • もらったデータは翌月に繰り越せない
  • プレゼントされたデータ通信量が使われるのは前月繰越分の消費後

プレゼントする側はその月の契約分のみ

プレゼントされる側はもらったデータは翌月に繰り越せないのと前月繰越分をすべて使い切らないとプレゼント分のデータ通信量は消費されないということを頭に入れておけばよいでしょう。

LINEの年齢認証が可能!

(MVMOの中で他に可能なのはワイモバイルのみ)

これね!意外と盲点なのですがLINEモバイル、ワイモバイル以外の格安スマホにした場合、LINEの年齢確認が通らないんです。LINEの初期設定の際に「年齢確認画面」が表示されますが3大キャリアの契約内容で照会される仕組みとなっているので3大キャリアではない他のMVMOだと年齢確認は通らないんです。(pcを使えば他のMVMOでも行けるらしいです。)

あ、Yモバイルだけは別ですよ。あそこの親元である白いお父さんがLINEを買収してるのでYモバイルだけは年齢確認が通ります。さすが汚い(ウワナニヲスル

トリプル回線持ちである

このLINEモバイル。なんとトリプル回線持ちです。ドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアの回線を選んで契約することができます。これの何がすごいかって 回線をそろえれば、原則としてSIMロックの解除が不要になり、ユーザーはその時に使っていた端末をそのまま使用できるのです。ソフトバンク系列のMVMOを探してる人間にとってLINEモバイルは最良の選択の一つになるのではないでしょうか?(あまりソフトバンク系列のMVMOってないのよ・・・OTL)

 

←登録はこちらからできます!

いかがだったでしょうか?皆様の最適なMVMO探しの助けになれば至上の喜びであります。「家族が3大キャリアに入ってるから~」とか「ポイントが~」とか「解約手数料が~」とか言ってる前に、今の払ってるお金とプランを再度見直し、今よりスマホの料金の大幅に下げましょう!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました